採用情報

現在位置: ホーム >> 採用情報

採用情報

会社説明会のご案内

2017年度新卒者向けの会社説明会を実施いたします。

日本精工九州がどんな会社なのか分かっていただける内容になっていますので、ぜひご参加ください。

社会を支える人と工場

1. 品質至上のモノづくり

会社社内の様子
環境整備

ボールねじはミクロン(μm)単位での精度が求められます。素材は温度が1℃変化すると1メートルあたり12μm伸縮するため、工場内の温度管理が重要となります。そのため、精度をつくりこむ研削工程は厳しく温度管理された恒温室内に設置し、求められる精度を実現します。

製品ラインナップ

静音、高速、長期メンテナンスフリーなどお客様の多様なニーズにお応えするため数多くラインナップをしています。

品質管理

1958年に日本精工株式会社(NSK)が日本で初めてボールねじを生産。そして国内で最初にボールねじを工作機械用に納入したのが1961年のことです。その後、半導体、液晶、ロボット等のメカトロニクス分野や宇宙、航空機といった特殊環境で使用するボールねじを世に送り出しました。独自の加工技術や測定技術そして充実した品質管理体制でお客様へ満足をお届けしています。

2. 自ら考え、実行できる人材

生産技術 若手スタッフへの技術勉強会の様子
若手技術スタッフの勉強会の様子

運動の変換機能(回転運動を直線運動に、直線運動を回転運動に変える)をもつNSKのボールねじは、世界中のさまざまな企業で利用されています。

私たちは、日々現場での改善活動や技術改革に取り組み『自ら考え自ら実行できる人材の育成』をモットーに、生産活動を行っています。そしてこの製品をさらに進化させ、モノづくりや製品を通じさらに社会貢献できるよう努力してまいります。

3. 生産体制のグローバルネットワーク

日本精工九州はグローバルに事業を展開するNSKグループのボールねじの生産会社です。

NSKグループは当社の他、中国・瀋陽市と米国・インディアナ州にボールねじの生産拠点を構え、グローバルに供給しています。また、NSKグループは、軸受と精機製品(直動製品、メカトロ製品)を開発・生産・販売している唯一のメーカーとして、軸受、ボールねじ、NSKリニアガイド™、メガトルクモータ™などを幅広いラインナップで世界各地で生産・提供し、さまざまな産業に貢献しています。

採用についてのお問い合わせ

採用についてのお問い合わせは、専用のフォームにてお願いします。

このページの先頭へ