メインビジュアル

4コアテクノロジー

100年の技術を、次の「あたらしい動き」へ。

NSKは1916年の創業以来、100年近くにわたって新技術の追求と品質向上に力を注いできました。軸受や自動車部品、精機製品のリーディングカンパニーへと成長したNSKの技術基盤となっているのが、「トライボロジー」、「材料技術」、「解析技術」、「メカトロ技術」からなる4つのコアテクノロジーです。

トライボロジー

「摩擦」との、最適な関係を追求する。

「摩擦」との、最適な関係を追求する。
トライボロジーは、運動しながら接する物質の間で起こる摩擦・摩耗を潤滑や材料表面で制御する、NSKの基盤技術の一つ。回転・往復運動時に極薄い油膜を介して伝わる大きな力を、独自に開発した潤滑剤や表面被膜・形状で最適にコントロールし、高速性・静音性・耐久性などの性能を極限まで高めます。

材料技術

求められる「性能」を、いつでもどこでも。

求められる「性能」を、いつでもどこでも。
製品の性能を左右する技術としてその「材料」の研究・開発に終わりはありません。材料組成や熱処理条件を最適化した金属材料や高分子材料、セラミックスを活用する技術など、機能向上・耐久性・信頼性という常に進化を続ける要求に応えながら、コストと生産性の両立も追求しています。

解析技術

見えない「リスク」を、確実な信頼に変える。

見えない「リスク」を、確実な信頼に変える。
高い精度や耐久性の実現には、培ってきた知見はもちろん最新のシミュレーション技術により、製品の性能をバーチャルに試験・評価する事が重要です。NSKの高度な解析技術は、実物での試験が難しい極限状況での性能評価を可能とし、最適設計や製品開発のスピードアップを実現しています。

メカトロ技術

技術が「人」をサポートし、安全で快適な未来を。

技術が「人」をサポートし、安全で快適な未来を。
製品開発とそれに伴う技術革新で培ったメカニクス技術とともに、モータ・センサ、回路およびこれらを統合する制御技術を組み合わせたメカトロ技術は、自動車を始めとした様々な産業機械に新たな機能・性能を付加するとともに、信頼性の向上、そして暮らしの利便・安全性に貢献しています。