メインビジュアル

風力発電機

風力発電機

地球温暖化の原因となる炭酸ガスを発生させないクリーンエネルギソースとして、風力発電は世界各国で急速に普及しています。

大型風力発電機(風車)は巨大機械であり、現在、数多く建設されている2MWクラスの風車では、ブレードの長さが約40m、回転軸の高さが60~100m、総重量は200t以上にもなります。このため、風車で使用される軸受も必然的に大形になり、内径で100mm~700mm、機種によっては2m近いものも要求されます。このような大形の軸受を安定的に市場に供給できる軸受メーカーは、世界的に見てもNSKを含めて6社しかありません。風力発電機産業は今やグローバルに展開されている産業であるため、軸受を製造できるのはもちろんのこと、世界の主要拠点で営業活動・技術サービスを行えることも重要な要件になります。

NSKは1990年代後半から、当時市場を独占していた欧州風車産業向けに参入を開始し、現在では、米国、中国、インドなどへも軸受を供給しています。NSK軸受は風力発電機市場において完全に認知されており、現在、世界トップ10の風車メーカーのうち、9社までにNSKの軸受が採用され、地球環境保護に貢献しています。

NSKの実績・革新的技術

NSKの実績・革新的技術

風力発電機用軸受には高い信頼性が求められます。これは、風車が20年間稼動することを前提として設計されることもありますが、トラブル発生時の部品交換が容易でないためです。(軸受は地上数10mの場合で使用されます。)
このため、高度なコンピュータ解析技術、材料・熱処理に対する深いノウハウ、場合によっては、実物大軸受の試験評価技術が要求されます。

NSKはこれらの全てについて、軸受業界のトップクラスの実力を備えています。また、これらを常に進化させ続けることによって、市場の期待に応えています。

関連製品

メートル系円すいころ軸受

メートル系円すいころ軸受

高度なラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重とを負荷することが可能です。
高機能標準円筒ころ軸受 EMシリーズ

高機能標準円筒ころ軸受 EMシリーズ

低騒音で最高の保持器強度を有する高負荷容量もみぬき保持器を使用。あらゆる用途において、より優れた性能を発揮する標準円筒ころ軸受です。