メインビジュアル

信頼される品質づくり

方針

方針:トータル・クオリティーNo1

NSKグループは、製品やサービスはもちろん、提供する情報などを含むすべての品質を業界でNo.1にすること、即ち「トータル・クオリティーNo.1」を実現することで、世界中のお客様に喜んでもらえるモノづくりをめざします。

これを実現し、品質の「つくりこみの実力をつける」ため、「NPDS活動の推進」「NQ1活動の推進」「人づくり」に取り組みます。

NPDS(NSK Product Development System)
活動の推進
お客様の新規案件を、迅速、確実に安定生産に結びつけるため、品質をプロセスでつくりこむ活動を進めます
NQ1(NSK Quality No.1)活動の推進
不良「ゼロ」の安定生産をめざした活動を進めます
人づくり
品質づくりを支える人材育成を進めます
図1. 品質づくりの取り組み概要
図1. 品質づくりの取り組み概要

全社品質委員会

全社品質委員会

NSKグループでは、社長を筆頭に各事業本部の担当役員など関係する役員をメンバーとする全社品質委員会で、経営層が品質管理の状況を確認するとともに、必要な取り組みをトップダウンで進めることで、グループ全体の取り組みを強化することをめざしています。

また、自動車および産業機械の各事業本部に品質委員会を設置し、生産・販売・設計の各部門が連携をとりながら、品質を高める取り組みを強化する体制を整えています。

図2. 全社品質委員会
図2. 全社品質委員会

グローバル品質保証体制

NSKグループは、欧州・米州・中国・アセアンに各地域を統括する地域品質保証部、その他の各拠点に品質保証の組織を設置し、それぞれの国や地域のお客様の立場に立ってサポートするグローバルな品質保証体制を整備しています。

万一、製品・サービスの不具合が発生した場合は、お客様へ情報を速やかにお伝えし、関係部署が一体となり、問題の拡大防止のため、迅速かつ適切な処置を行うとともに、原因を究明し、再発防止を図ります。

図3. グローバル品質保証体制
図3. グローバル品質保証体制