メインビジュアル

CSRレポート 補足資料:事業所における取り組み

中国蘇州恩斯克軸承有限公司 (蘇州工場)

NSKベアリング・インドネシア社(ジャカルタ工場)
所在地 No.22 Taishan Road, Suzhou New District,Jiangsu, China
従業員数 288名 (2009年3月31日)
事業概要 軸受の製造
ISO14001取得 2007年11月2日

蘇州工場は、軸受の製造を行っており、2007年にISO14001認定を取得しています。
本工場では、省エネルギーに特に力を入れて取組んでいます。

廃棄物・リサイクル対策

廃棄物を削減するため、本工場では、軸受を砥石で研削するときに発生する研削屑について、従来の処理からリサイクルできるよう対策を進めています。

地球温暖化対策

従来タイプの電球(左)と省エネタイプの電球(右)

地球温暖化対策として、本工場では、使用するエネルギーの削減を幅広く進めています。2008年度は、工場全域で省エネタイプの電球への交換が完了しました。
これにより、照明に使用する電力量を、70%削減しました。
2009年度は、電力使用量を全体で13%削減する計画を立てました。具体的には、

  • 1. コンプレッサーのリザーブタンク増設による運転圧力の低減
  • 2. 一括給水フィルター2台を交替で運転することでエアー使用量

によって、エネルギーの削減に向けた取り組みを進めています。

地域社会への貢献

2009年に蘇州市環境科学協会に参加し、積極的に環境保護活動を推進しています。

(2009年7月現在)