メインビジュアル

日本の主な生産拠点の紹介

高崎工場/榛名工場

  • 基本情報
  • 主な生産品の紹介
  • 沿革
  • 環境・社会への取り組み
高崎工場/榛名工場
所在地
高崎工場
〒370-0884 群馬県高崎市八幡町358
榛名工場
〒370-3344 群馬県高崎市中里見町941-2
代表連絡先
高崎工場
027-343-6431
榛名工場
027-360-8511
土地面積
高崎工場
69,196㎡
榛名工場
88,187㎡
従業員数 1,292人(2017年3月31日現在)
生産品 自動車関連製品(ニードル軸受)
各種外部認証
  • ISO9001認証取得
  • ISO14001認証取得
  • ISO/TS16949認証取得

高崎工場

電車をご利用の方
JR信越本線 「群馬八幡」駅より徒歩3分
お車をご利用の方
道17号より国道18号に入り「上豊岡町」交差点を右折し、2つ目の信号を斜め左に入り、線路を渡るとすぐ

榛名工場

電車をご利用の方
JR長野新幹線 「安中榛名」駅よりタクシーで約15分
お車をご利用の方
高崎工場より国道406号線を使用し約10分

高崎工場/榛名工場では、転動体に細長い円筒状のころを用いたニードルベアリング(針状ころ軸受)を製造しています。

ニードルベアリングは、軽量でコンパクトな特長を活かして、自動車トランスミッションやエアーコンディショナー用コンプレッサーの回転部分の他、コピー 機、OA機器など、様々な分野に使用されています。

主な生産品の紹介
1963年 日本精工(株)・東京ベアリング(株)・米国のトリントン社の共同出資でエヌエスケートリントン株式会社設立
高崎工場で針状ころ軸受(ニードルベアリング)の製造開始
1973年 東京ベアリング(株)を吸収合併・鴻巣工場(埼玉工場)として生産開始
1989年 八幡工場完成
1998年 榛名工場1号棟完成
2000年 鴻巣工場を閉鎖し、高崎地区へ集約
2003年 日本精工㈱の連結子会社へとなり、社名をNSKニードルベアリング株式会社に変更
2005年 常熟恩斯克軸承有限公司 常熟工場生産開始
ポーランド工場生産開始
2006年 榛名工場2号棟完成
2008年 常熟工場(中国)第2期棟完成
2016年 日本精工(株)と合併し、高崎工場/榛名工場となる

高崎工場/榛名工場での環境への取り組み等をご紹介します。

1. 環境への取り組み

リサイクルしやすくなった鉄くず(ブリケット)
リサイクル率の向上
NSKグループでは、軸受の研削工程で発生する研削くずを、製鋼材料としてリサイクルしています。研削くずに混ざっている水分や油分を分離し圧縮して固形にすること(ブリケット化)で、リサイクルしやすくなるため、NSKグループの各工場では、ブリケット機の導入を推進しています。
本工場でもブリケット機を導入し、分離した研削液は再利用するなど、廃棄物を少なくすることができました。

2. 地域社会との共生

  • オープンハウス(工場見学会)の実施
    オープンハウス&オープンハウスにて製造工程紹介
  • 工業団地内環境巡視活動
    工業団地内環境巡視活動
  • 地域の科学技術イベント(群馬県からくり工夫展)への協力
    からくり展に出展
  • 交通安全活動(安全標語ティッシュの配布)
    交通安全活動(安全標語ティッシュの配布)
  • 地域清掃活動
    地域清掃活動

(2011年3月現在)