メインビジュアル

日本の主な生産拠点の紹介

日本精工九州株式会社

基本情報

日本精工九州株式会社
代表者 代表取締役社長 小木曽 文雄
資本金 3億円
所在地 〒839-1405
福岡県うきは市浮羽町古川字日精774
代表連絡先 0943-77-3110
土地面積 152,531㎡
従業員数 529人(2020年3月31日現在)
生産品 精機製品(ボールねじ)
各種外部認証
  • ISO9001認証取得
  • ISO14001認証取得
Webサイト http://www.nsk.com/n9/
電車をご利用の方
JR久大本線 「筑後大石」駅からタクシーで約10分
飛行機をご利用の方
福岡空港→高速バス/日田行きに乗り、「杷木バス停」下車(約1時間30分)→タクシーで約5分
お車をご利用の方
大分自動車道・杷木ICより約5分

主な生産品の紹介

日本精工九州(株)は、精密位置決め装置部品である、精密ボールねじの専用工場として小型から中型サイズのボールねじを製造していますが、今後は生産再編により大型を含む全サイズのボールねじの生産を手がけていきます。ボールねじの用途は、医療機器や自動車産業用機械、工作機械、一般産業機械など様々です。

主な生産品の紹介

沿革

1995年 日本精工九州株式会社設立
1996年 1号工場棟完成
1998年 2号工場棟完成
NSKグリーンスタジアム完成(地域開放型天然芝サッカーグランド)
2001年 3号工場棟完成
2004年 2号工場棟 精密ボールねじ工場へ改造
2005年 精密ボールねじ生産50万本達成
2007年 1号工場棟 精密ボールねじ工場へ改造
精密ボールねじ生産100万本達成
2010年 1号工場棟 増築・大型ボールねじ工場へ改造