メインビジュアル

日本の主な生産拠点の紹介

日本精工株式会社 福島工場

  • 基本情報
  • 主な生産品の紹介
  • 沿革
  • 品質・環境方針
  • 環境・社会への取り組み
日本精工株式会社 福島工場
所在地 〒963-6101
福島県東白川郡棚倉町大字堤字ニカキ180-1
代表連絡先 0247-33-3210
土地面積 193,783㎡
従業員数 461人(2016年3月31日現在)
生産品 産業機械軸受(玉軸受、球面ころ軸受)
各種外部認証
  • ISO9001認証取得
  • ISO14001認証取得
電車をご利用の方
JR東北新幹線/東北本線 「新白河」駅からタクシーで約40分
お車をご利用の方
東北自動車道・白河ICから約45分

福島工場では、掃除機、自動車向けなどの小径軸受や、洗濯機、減速機向けなどの小形から大形の玉軸受、土木機械、運搬機械向けなどの球面ころ軸受を製造しています。

主な生産品の紹介
1984年 日本精工 福島工場を新設、操業開始
1992年 工場第2号棟完成
2001年 福島工場を分社化、NSK福島株式会社を設立
2010年 日本精工株式会社と合併し、福島工場となる(株)に分離

福島工場 品質・環境方針

福島工場は、軸受の製造に係わる生産活動の中で、「お客様満足度最優先」の基本理念に基づき、品質・環境パフォーマンスの向上に取り組んでいきます。

基本方針
  1. お客様のニーズと期待を理解し、お客様の要求事項を満たす製品を提供します。
  2. 品質・環境に関する法令、及びその他の要求事項を順守します。
  3. 弊社の生産活動における環境影響を的確に捉え、環境負荷・リスクの低減に努めます。
  4. 目的・目標は、次の事項を重点項目として設定し、PDCAサイクルで改善を進めます。
    • (1)お客様の満足度向上
    • (2)客先品質問題の撲滅
    • (3)基盤強化による品質力の向上
    • (4)環境負荷の低減
    • (5)製品含有環境負荷物質の保証体制の強化
    • (6)生物多様性及び生態系の保護
    • (7)地域社会貢献活動の推進
  5. 内部監査及びマネジメントレビューを通じ、品質・環境マネジメントシステムの有効性について、継続的に改善します。
  6. この品質・環境方針は、社員及び構内業者等、当工場で働く全ての人に周知します。
  7. この品質・環境方針は、利害関係者が閲覧できるように、一般向けにも公開します。
2017年4月10日
日本精工株式会社 福島工場
工場長サイン

福島工場での環境への取り組み等をご紹介します。

1. 環境への取り組み

本工場では、化学物質対策、省エネ対策などさまざまな活動を行っています。ここでは物流で使われる資源を削減するための取り組みを紹介します。

リサイクルの推進
近年、サイズの大きな軸受の生産量が増加し、それに伴って、部品を砥石で研削加工する際に発生する、研削くずと呼ばれる廃棄物も大幅に増加しました。このため、研削くずを製鋼材料としてリサイクルしやすくするため、ブリケット機を導入しました。ブリケット機は、鉄粉と水分が混ざった汚泥状の研削くずを、加圧することによって水分を取り除き、ブリケットと呼ばれる固形化物をつくる設備です。
水分を含んだ研消くず→脱水してブリケットに

2. 地域社会との共生

  • オープンハウス(工場見学会)
  • 会社周辺のゴミ拾いなど