産業機械向け高機能標準軸受「NSKHPS」のシリーズを拡大

~ラインアップ拡充により大幅な拡販を狙う~

NSKHPS円筒ころ軸受
NSKHPS円筒ころ軸受

日本精工株式会社(本社:東京都品川区、代表者:取締役 代表執行役社長 大塚紀男、以下NSK)は、産業機械全般に使用される高機能標準軸受「NSKHPS」のラインアップを拡充しました。
本製品は、高機能化により設備のメンテナンスコスト低減やダウンサイジングに貢献でき、さらに、標準化により入手性も向上します。
NSKは、本シリーズの売上として、2015年度に800億円/年を目指します。

NSKHPS PDFカタログのダウンロード PDF

【開発の背景】

環境負荷低減や省エネルギーという社会的要求から、全ての産業機械において設備のコンパクト化、設備能力の最大化や高効率化が進められています。これに伴い、軸受にはさらなる長寿命化、高速化、低トルク化などが求められています。
NSKではこれらの要求に応えるべく、開発設計技術・材料技術・製造技術を駆使し、2004年に自動調心ころ軸受「NSKHPS」を初めて市場投入して以来、順次、サイズの拡大を進めています。さらに、2009年には「NSKHPS」の新たな品種として「アンギュラ玉軸受」を追加しました。
NSKは産業機械市場からの「NSKHPS」ラインアップ拡充への強いご要望にお応えして、今回、新たに以下の4品種を加え、合計6品種、3万点におよぶ「NSKHPS」のフルラインアップ化を実現し、あらゆる産業機械への対応を可能にします。

<「NSKHPS」への追加品種>

「深溝玉軸受」、「円筒ころ軸受」、「高精度アンギュラ玉軸受」、「ボールねじサポート用スラストアンギュラ玉軸受」

【NSKHPSの特長】

軸受品種 長寿命
(従来比)
高速化
(従来比)
導入時期
自動調心ころ軸受 2倍* 20% up* 2004年
アンギュラ玉軸受 90% up* 20% up* 2009年
深溝玉軸受 15% up 15% up 2013年
円筒ころ軸受 60% up* 従来同等
高精度アンギュラ玉軸受 15% up 従来同等
ボールねじサポート用スラストアンギュラ玉軸受 15% up** 従来同等

*:最大値 / **:基本定格寿命

【NSKHPSの効果】

本製品は、長寿命化、高速化を実現しており、メンテナンスコストの低減、ダウンサイジングなどの要求に対応します。また、入手性の向上により、リードタイムの短縮にも貢献します。

NSKHPS, redefining the standard.
NSKHPS軸受のラインアップ拡充 対応サイズ

プレスリリース記載の情報は報道発表日時点の情報です。
予告なしに変更され、ご覧になった時点と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。