MOTION & CONTROL NSK|新卒採用|

様々な人との交流が、
何より私を成長させた。

SCM・生産管理
産業機械事業本部
グローバル生産企画部
2015年入社/外国語学部
営業からの要求とNSK製品の在庫状況を踏まえた上で、
最適な生産計画の立案、工場への生産依頼~調整~管理までを担う。

INTERVIEW

依頼をする側、受ける側。両方の視点を大切に。

営業と工場の間に立ち、生産調整をすることが私たちの部署の役割です。営業からの要求をそのまま工場へ指示するのではなく、需要動向やグローバルでの在庫状況を踏まえた上で生産依頼を行います。先の需要までを見越した生産計画を描くためには、世の中の動きや競合他社の動向など、社会全体を見渡せなければなりません。私はこの部署に異動になってまだ2カ月なのですが、一通り把握できるまでに2年はかかると言われています。海外とのやり取りも多いので、英語を含め勉強することはたくさんありますね。

ただ、以前の部署での経験が今の仕事に役立っていると感じることも多くあります。工場で生産管理に携わっていた頃は、今とは逆にオーダーを受ける側でした。工場へのオーダーがどれぐらい負担になるか肌で実感しているので、現在担当している品種について勉強し、可能な限り効率のよい生産依頼をするよう意識しています。NSKは自動車や重工業、家電製品から医療機器まで、幅広い業界に製品を提供しています。生活のあらゆる場面で活躍するモノづくりをサポートできることがやりがいです。

密なコミュニケーションで、信頼関係を築いていく。

工場勤務の頃も現在も、人のつながりやコミュニケーションを大切にしています。生産管理の仕事では、状況によっては現場に対して、無理をお願いすることもあります。そのような場面で特に気をつけているのが、可能な限り顔を合わせて話をすること。メールや電話では、お互いの感情まで理解するのは難しいですからね。実はもともと、自分から話しかけてコミュニケーションを取ることが得意ではなく、工場でも、集中して作業している方に話しかけていいのか迷うこともありました。でも、意識して話しかけてみると皆さんとても優しくて、相談しやすい方ばかりでした。

入社当時の班長は、普段は和やかなタイプの方なのですが、色々なことに気が回り、やるべきときはしっかりやる。別の工程の担当者とも上手く情報交換しており、本来は生産管理の私が担当の業務でも、度々助けてくださるほど頼もしい方でした。その班長からは、ただ業務上の会話をするだけでなく、日常会話や家族の話など他愛もない会話でコミュニケーションを図り、信頼関係を築いていく必要があると感じました。普段からコミュニケーションを意識することで、緊急の依頼や大変な依頼に対しても「お前のお願いならやってあげよう」と言ってくださる方が増えました。入社してから、年の離れた先輩や海外の担当者など、様々な人と接する中で学ぶことも多く、視野が広がっていると実感しています。今後は違う製品を手がけるなど経験の幅を広げ、もっともっと成長していきたいですね。

1日のスケジュール例

  • 8:30
  • 朝礼・メール・問い合わせ対応
  • 9:30
  • 販売・生産・在庫の状況を確認するための資料作成
  • 11:00
  • 作成した資料をもとにグループでの打ち合わせ
  • 12:00
  • 同期と外食ランチ
  • 13:00
  • 午前中の打ち合わせをもとに工場へ生産依頼を行うための資料作成
  • 15:00
  • メール確認・問い合わせ対応・工場や海外との数量や生産月の調整
  • 18:00
  • 退社、大学の友人や同期とご飯