MOTION & CONTROL NSK|新卒採用|

1人じゃないから、
あらゆるニーズに応えられる。

1人じゃないから、
あらゆるニーズに応えられる。

営業
自動車事業本部
西日本自動車部
2013年入社/外国語学部
自動車関連製品の営業担当として、将来のモデルに採用される製品を提案。
顧客と設計・開発、工場の間に立ってそれぞれの意見を取りまとめ、NSK製品を顧客へ届ける。

INTERVIEW

自動車の、未来を覗く。

NSKが手掛けている軸受は、宇宙産業や自動車、掃除機など様々なシーンで使用されています。幅広い業界に携わることができて、それぞれ新しい知識を得られるのがこの仕事の面白いところですね。私は自動車関連製品の担当なのですが、私たちが製品を提案する車は現在市場に出ているものではなく、次のモデル、あるいはさらに次のモデルの車です。未来を見ているような感覚もあります。1つの自動車には約100~150個の軸受が使われていて、エンジン、駆動などバリエーションも豊富。お客様のニーズを把握し、それを設計・開発や工場など技術者に伝えて最適な製品を用意します。

「お客様はこういう性能を求めているのですがどうですか?」「合うものがなければつくれませんか?」と、技術者と密にコミュニケーションを取りながら進めていきます。納期が厳しい時など、お客様と技術者の板挟みになることもありますが、それぞれの意見を尊重しながら調整するのも営業の大事な仕事。品質を保つためにも安全性を守るためにも製造に必要な期間があるので、難しい時はお客様にしっかりと伝えます。自分が携わった車が実際に発売されるのは、受注から2~3年後。CMで流れているのを見るとやっぱり嬉しいですね。

知れば知るほど、楽しくなる。

実は入社当初は車にまったく興味がなかったのですが、知っていくほどに興味が深まり、どんどん楽しくなってきました。軸受のほかにステアリングも担当していて、知識を身につけるために本を読んだり、工場に行って技術者の方に話を聞いたり。実際の図面を広げながら「これはどういう機能なんですか?」と1つずつ聞いていきましたが、皆さん快く教えてくれたのでありがたかったですね。

また、最近は英語の勉強もしています。海外で製造する車を担当するときは、現地の工場スタッフと電話やメールでやり取りします。現地にも日本人がいるのでそれほど困ることはないのですが、私は英語がほとんどできないので頑張りたいなって。社内にはTOEIC対策を含め英語の研修制度もありますよ。NSKには真面目な人が多くて、みんな仕事に一生懸命。でもオンとオフの切り替えはちゃんとしていて、仕事終わりに飲みにいくこともよくあります。仕事では大変なこともありますが、そんなときは溜め込まず、先輩や同僚とご飯を食べながら悩み相談をしたり、一緒に騒いでストレスを発散しています。

1日のスケジュール例

  • 9:00
  • 朝礼、メールチェック
  • 9:30
  • 客先資料作成
    見積り資料作成など
  • 11:00
  • 工場へ試作状況確認
    予定通りに製品が進んでいるか、遅れていないかの確認など
  • 12:00
  • 昼休憩(同僚の女性たちと社内でランチ)
  • 13:00
  • 客先面談
    見積回答や製品仕様の打合せなど
  • 15:00
  • 社内業務
    客先面談議事録の作成・展開、メールチェック
  • 19:00
  • 退社
    早く退社が出来ると学生時代の友人と飲みに行くことも。